After March 2024 Crypto Surge, Did On-Chain Utility Improve?

3月の仮想通貨の急騰後、ブロックチェーンの実際の利用状況は伸びたのでしょうか?

要約

✅2024年3月初旬、ビットコインを含む暗号通貨の価格が急上昇しましたが、その結果、ブロックチェーンのオンチェーンの有用性には大きな変化が見られませんでした。

✅この結果から仮想通貨の価格上昇はあったものの、ブロックチェーン上の分散型アプリケーション(dApps)の魅力は特に向上していないことが分かります。

✅魅力的で実用的なdAppsがもっと登場すれば、ブロックチェーンの基本的な評価は現在の水準よりもはるかに高くなる可能性があります。

 

ご紹介

2024年3月初旬、ビットコインの価格が史上最高に達しました。この現象は、米国株式市場に上場されているビットコインの投資信託(ETF)への熱狂、米国連邦準備制度による金利の安定化、および今後のビットコインのマイニング報酬の半減などの要因に起因しています。下記の図1に示されているように、この上昇トレンドはほとんどの他の暗号通貨にも広がり、暗号通貨市場全体での一般的な熱狂を示しています。しかし、この価格急騰と並行して、実際のブロックチェーンのオンチェーンの有用性は向上したのでしょうか?この記事では、D’CENTウォレットでサポートされているEthereumやその他の主要なEVM互換ブロックチェーンの「アプリインフラストラクチャ」の有用性を分析し、粘着性とリテンションの指標を調べていきます。

 

[図1] 仮想通貨資産の総時価総額トレンド(情報引用先:CoinMarketCap)

 

 

dAppsの関与度を示す2つの主要な指標: 粘着性とリテンション

イーサリアムやその他の主要なEVM互換ブロックチェーン内で、さまざまなdAppsが運営されています。粘着性とリテンションを通じて、ネットワーク活動を示すこれらの指標によって、各ネットワーク内のdAppsがそれぞれのアカウントホルダーとどれだけ効果的に関わっているかを調査します。

 

指標の定義

粘着性とは、特定のアプリにユーザーがどれだけ関わっているかを示す指標です。以下のような数式を使用して、DAU÷MAU、DAU÷WAU、およびWAU÷MAUなど、さまざまな期間にわたるアクティブユーザーの数を組み合わせて計算することができます。

 

DAU÷MAU: 過去1ヶ月間に少なくとも1日ネットワークを起動したユーザーの割合。

 

DAU÷WAU: 過去1週間に少なくとも1日ネットワークを起動したユーザーの割合。

 

WAU÷MAU: 過去1ヶ月間に少なくとも1週間ネットワークを起動したユーザーの割合。

 

ユーザーのリテンション(維持率)は、単にアプリを訪問した回数ではなく、継続的に利用しているかどうかを測る指標です。特に、コホートリテンションは、ユーザーを初回利用日に基づいてグループ化し、各グループ内でのリテンションの変化を分析します。これにより、時間の経過とともにリテンションの変動を評価することができます。

 

粘着性の分析結果

市場価格の急激な上昇にもかかわらず、ほとんどのブロックチェーンの粘着性は、図2に示すように大きな変化はありませんでした。つまり、市場価格の急上昇にも関わらず、各ブロックチェーン内のdAppsの魅力に顕著な変化はありませんでした。

 

[図2] Ethereum(イーサリアム)の粘着性

 

特に、Polygonは2024年初頭以来急激に増加した唯一のケースであり、図3に示されています。ただし、これには特定の契約呼び出しによって生成されるノイズの可能性を考慮する必要があるかもしれません。

 

[図3] Polygon(ポリゴン)の粘着性

 

取引の規模を調査したところ、取引を行ったユニークなアドレスの数に基づき、特定の1つのERC-721契約の使用量が主に大幅に増加していることがわかりました(図4参照)。したがって、この急増は特定の契約への依存に根ざしており、これはポリゴンブロックチェーン内のdAppsの全体的な魅力の増加として一般化されるべきではないようです。


[図4] 最低10,000個の受信者アドレス側の方からグループ分けされた送信側のアドレス数

 

顧客維持分析の結果 

同様に、週次コホートの維持率についても、すべてのブロックチェーンで図5に示されているように大きな変化は観察されませんでした。言い換えると、市場価格の上昇に続く改善として、新たに作成されたアドレスの使用頻度の持続がどのように解釈されるかは難しいです。

 

[図5] Ethereum(イーサリアム)の週次コホート維持率

 

まとめ

ビットコインETF投資への熱狂や、連邦準備制度の金利凍結、そして今後のビットコイン半減期などの要因により、暗号資産市場価格が大幅に上昇したとしても、イーサリアムや他の主要なEVM互換ブロックチェーンはまだ「アプリインフラ」として強固な地位を確立していません。

 

ガバナンストークン価格に影響を与えるさまざまな要因の中で、最も重要な側面は、スマートコントラクトの実行に対する需要の着実な増加です。したがって、投資市場指標に加えて、dAppsの出現と成長、そしてブロックチェーンネットワークがそれらのために安定したインフラを提供しているかどうかを評価することが重要です。ブロックチェーン技術の進歩と大規模な普及に伴い、さらに多様で活発なdAppsの出現が、ブロックチェーンインフラの利用を大幅に増加させると予想されます。この利用の評価は重要であり、この評価において粘着性とリテンションの指標が重要な役割を果たすでしょう。

Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 
この記事は役に立ちましたか? 
知識を広めてください。
[D’CENT ウォレット]
D’CENTは、(株)IoTrustが製造・販売するブロックチェーン向けウォレットサービスです。 当社は、セキュリティチップ(SEおよびTEE)を基にする、エンベディット(組み込み)型ソリューションにおいて15年以上開発経験を持つスペシャリスト達によって制作されたウォレットです。さらに、銀行カードやUSIMカードで使われる高セキュリティテクノロジーの応用技術が含まれた、安心と信頼のウォレットです。 

D’CENTには、指紋情報を使用する「指紋認証型」、持ち運びに便利な「カート型」、同じくコンパクトサイズながらもオフライン状態でデータを安全に保存できる「ハードウェア型」まで、全部で3タイプの品揃えになっています。
免責事項:
このブログは教育目的のみを目的としています。ここに記載されている情報は、プロジェクトやブランド名を含め、情報提供を目的としており、金融、法律、税務アドバイスではありません。正確性に努めていますが、情報の誤りに対しては一切責任を負いません。 暗号資産(あんごうしさん)は本質的にリスクを伴います。徹底的に調査を行い、ご自身の目標とリスク許容度に見合った投資判断を行うために、ファイナンシャルアドバイザーへの相談を検討してください。 外部リンクが存在する場合がありますが、その内容や慣行に対しては一切責任を負いません。利用規約とプライバシーポリシーをご確認ください。
Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 

D'CENT Biometric - $119.00