EigenLayer and Restaking: Earning More from Your Crypto (The Beginner's Guide)

EigenLayerと再ステーキング:あなたの暗号資産からさらに収益を得る方法(初級編)

高セキュリティな金庫を所有していると想像してみてください。この金庫は、イーサリアムなどのブロックチェーンネットワーク上でのあなたの暗号通貨保有を表しています。この金庫を安全に保つために、ネットワークはバンクのセキュリティガードに似た、バリデーターと呼ばれるグループに依存しています。これらのガーディアン(バリデーター)は、取引を常に検証し、ネットワークがスムーズに動作するようにします。

 

バリデーターは、そのサービスに対する報酬として、新しい暗号通貨の形で報酬を得ます。あなたの暗号通貨をロックしてネットワークを保護し、報酬を得るこのプロセスはステーキングと呼ばれます。しかし、もしあなたのステーキングした暗号通貨をさらに有効に活用できる方法があればどうでしょうか?それがEigenLayerと再ステーキングの登場する場所です。

 

伝統的なステーキングを、あなたの金庫のセキュリティガードを雇うことに例えてみましょう。彼らは素晴らしい仕事をしますが、金庫自体は活動していません。あなたの金はそこにあり、追加の価値を生み出していません。これは今日のステーキングがどのように機能しているかと似ています。あなたの暗号通貨はロックされており、ネットワークを保護していますが、他の目的に積極的に活用されていません。

 

要約:

✅典型的なステーキング:ブロックチェーンを保護し報酬を得るために暗号通貨をロックしますが、暗号通貨自体は非活性です。

 

✅EigenLayer:暗号通貨をハチミツと例え、ブロックチェーン内のさまざまなタスクに利用されるAVSs(ハチの巣)のネットワークを想像してください。

 

✅再ステーキング:ステーキングした暗号通貨をこれらのAVSsを保護するために「再利用」することができ、さらなる報酬を得ることができます。

 

✅ベネフィット:収益の増加、セキュリティの強化、高速な取引、よりダイナミックなブロックチェーンエコシステム。

 

✅今後:さらなる種類のAVSs、より強固なセキュリティ、拡張性のための解決策、革新の温床。

 

 

EigenLayerのご紹介:忙しいミツバチの巣

この記事では、EigenLayerを説明する際に、ミツバチの巣とミツバチの比喩を使用します。これにより、EigenLayerの仕組みがより明確に理解できるようになります。

 

EigenLayerは、ステーキング暗号通貨のための多忙なミツバチの巣のようなもので、暗号通貨のネットワークとしての新しい概念です。1つの金庫ではなく、ネットワークを持つミツバチの巣を想像してください。これらのミツバチの巣(Actively Validated Services、又はAVSsと呼ばれるもの)は、ステーキングされた暗号通貨(ハチミツのようなもの)が提供するセキュリティを活用して、さまざまなタスクを行うことができます。

 

ここがポイントです:ステーキングされた暗号通貨は、元々1つの金庫(メインのブロックチェーンネットワーク)を保護していましたが、EigenLayerでは、これらのミツバチの巣(AVSs)内の活動をサポート、検証することができます。この追加の作業に対して、通常のステーキング報酬に加えて、追加の報酬を得ることができます。

 

 

AVSsは、ベテランハチの巣タスクのようなもの

これらのAVSsは、以下のようなブロックチェーン上のさまざまなタスクを処理することができます。

 

取引の追跡:数時間待つ代わりに購入を確認することを想像してみてください。 AVSsは、ブロックチェーン上の特定の取引を高速化するのに役立ちます。

 

新しいプロジェクトの検証:新しいブロックチェーンアプリケーションは、すべてをゼロから構築する必要なく、EigenLayerを活用してセキュリティを確保することができます。

 

異なるブロックチェーンの接続:EigenLayerは、異なるブロックチェーン間の橋渡しとして機能し、それらがより簡単に通信し情報を交換できるようにします。

 

EigenLayerを介してこれらのAVSsに参加することで、ステーキングされた暗号通貨は忙しいミツバチのようになり、全体的なブロックチェーンエコシステムに積極的に貢献し、追加の報酬を得る可能性があります。

 

 

再ステーキング:ハチミツの再活用

さて、ここがマジックトリックです:EigenLayerは、既存のステーキングされた暗号通貨を「再ステーキング」することを可能にします。これは、ステーキングされた暗号通貨が提供するセキュリティを利用して、これらのAVSsを保護することを意味します。これは、ミツバチが生産したハチミツの一部を取り、他のミツバチの巣で彼らの作業を支援するのに使うのと同じです。

 

プロセスの詳細は次の通りです

1. イーサリアムネットワークに暗号通貨をステーキングします。これは、あなたの金を金庫に置き、セキュリティガードを雇うことに類似しています。

 

2. EigenLayerによるミツバチの巣(AVS)サービスが提供されます。これらのAVSsは、あなたのステーキングされた暗号通貨が提供するセキュリティ(ハチミツのようなもの)が必要です。

 

3. EigenLayerであなたの暗号通貨を再ステーキングすることを選択します。これは、あなたのハチミツの一部を取り、AVS内のミツバチを支援するのに使うことに類似しています。

 

4. あなたが再ステーキングした暗号通貨はAVSを保護します。これにより、AVSが機能し、追加の報酬を得ることができるようになります。

 

5. これでAVSが生成する報酬の一部を得られるようになりました。忙しく動き回るミツバチがハチミツを集めることに類似していますよね。

 

 

EigenLayerと再ステーキングのベネフィット

収益の増加可能性:暗号通貨を再ステーキングすることで、通常のステーキング報酬に加えて追加の報酬を得ることができます。

 

強化されたセキュリティ:EigenLayerは複数のバリデーターの組み合わせによるセキュリティを活用し、全体的なネットワークのセキュリティを向上させる可能性があります。

 

拡張されたスケーラビリティ:AVSsは、ブロックチェーン上でのさらなるトランザクションとアプリケーションの処理を支援し、より迅速かつ効率的な運用を実現します。

 

イノベーションの促進:EigenLayerは、新しいブロックチェーンアプリケーションやサービスの簡単な構築を可能にし、イノベーションの道を開いてくれます。

 

 

未来は可能性に満ちている

EigenLayerと再ステーキングは、ブロックチェーン技術の世界における飛躍的な進歩です。EigenLayerは計り知れない可能性を秘めていますが、まだ初期段階にあります。若いミツバチの巣のように、EigenLayerが成熟してその力をフルに発揮するまでには時間が必要です。EigenLayerの将来像について、いくつか見てみましょう。

 

より多様化するAVS:EigenLayerが進化していくにつれて、さまざまな種類のAVSが登場し、ブロックチェーンエコシステム内のさまざまなニーズに対応することが期待されます。安全なデータストレージ、超高速決済、さらには機密性の高い本人確認など、特定のタスクに特化したAVSを想像してみてください。この多様化により、よりダイナミックで多目的なブロックチェーンのランドスケープが構築されます。

 

セキュリティ強化:EigenLayerでは、ネットワークのセキュリティは単一のバリデーターレイヤーだけに依存しません。代わりに、複数のバリデーターと、さまざまなAVSにリステークされた暗号資産によって提供されるセキュリティを組み合わせることで、ネットワーク全体の耐障害性を向上させることができます。この分散化されたアプローチにより、システム全体が潜在的な攻撃に対してより強固なものになります。

 

高速でスケーラビリティの高いブロックチェーン:従来のブロックチェーンは、大量のトランザクション処理に苦労することが多く、処理時間が遅くなります。AVSは、このスケーラビリティの課題を解決する上で重要な役割を果たします。特定のタスクを専用のAVSにオフロードすることで、メインのブロックチェーンネットワークはより効率的に動作し、トランザクション処理の高速化とユーザーエクスペリエンスの向上を実現します。

 

よりダイナミックなブロックチェーンエコシステム:EigenLayerは、よりオープンでパーミッションレスなイノベーション環境を育みます。つまり、誰でも創造的なアイデアを持つ人は誰でも、ミツバチが巣の中で新しい巣を作るように、EigenLayer上に新しいブロックチェーンアプリケーションやサービスを構築することができます。このオープンなアプローチは、これまで想像できなかったようなまったく新しいタイプの分散型アプリケーション(dApps)の道を開く可能性があります。

 

 

EigenLayerの将来に考慮すべき課題

セキュリティ監査とテスト:新しい技術と同様に、EigenLayerとAVSsの潜在的な脆弱性を特定し対処するために、徹底的なセキュリティ監査とテストが不可欠です。これにより、全体のエコシステムの安全な基盤が確保されます。

 

分散化の維持:EigenLayerは分散化を推進することを目指していますが、潜在的な中央集権化のリスクに対して警戒を怠ることはできません。これには、EigenLayerのオペレーターの健全な分散化を促進し、AVSsの間で競争を促進することが含まれるかもしれません。

 

標準化と相互運用性:AVSsの数が増えるにつれて、明確な基準とプロトコルの確立が不可欠です。これにより、異なるAVSsがシームレスに連携し、より相互接続性の高い効率的なミツバチの巣ネットワークが構築されます。

 

 

まとめ

全体として、EigenLayerはブロックチェーン技術の未来に向けた革新的なビジョンを示しています。再度ステーキングの力を活用し、活気あるAVSsのエコシステムを作り上げることで、私たちがブロックチェーンとのやり取りや利用方法を革新する可能性を持っています。EigenLayerが進化し続ける中、この創造性に満ちた忙しいミツバチの巣から生まれる革新的なアプリケーションやサービスを想像することだけでワクワクします。

Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 
この記事は役に立ちましたか? 
知識を広めてください。
[D’CENT ウォレット]
D’CENTは、(株)IoTrustが製造・販売するブロックチェーン向けウォレットサービスです。 当社は、セキュリティチップ(SEおよびTEE)を基にする、エンベディット(組み込み)型ソリューションにおいて15年以上開発経験を持つスペシャリスト達によって制作されたウォレットです。さらに、銀行カードやUSIMカードで使われる高セキュリティテクノロジーの応用技術が含まれた、安心と信頼のウォレットです。 

D’CENTには、指紋情報を使用する「指紋認証型」、持ち運びに便利な「カート型」、同じくコンパクトサイズながらもオフライン状態でデータを安全に保存できる「ハードウェア型」まで、全部で3タイプの品揃えになっています。
免責事項:
このブログは教育目的のみを目的としています。ここに記載されている情報は、プロジェクトやブランド名を含め、情報提供を目的としており、金融、法律、税務アドバイスではありません。正確性に努めていますが、情報の誤りに対しては一切責任を負いません。 暗号資産(あんごうしさん)は本質的にリスクを伴います。徹底的に調査を行い、ご自身の目標とリスク許容度に見合った投資判断を行うために、ファイナンシャルアドバイザーへの相談を検討してください。 外部リンクが存在する場合がありますが、その内容や慣行に対しては一切責任を負いません。利用規約とプライバシーポリシーをご確認ください。
Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 

D'CENT Biometric - $119.00