DePIN, a New Era of Physical Infrastructure Making

DePIN、物理的インフラメイキング新時代の到来

要約:

✅DePINは、物理的インフラのためのトークンインセンティブからなるネットワークであり、ブロックチェーンテクノロジーの初期から期待されてきたセクターです。

✅プロトコルメーカーやリソースプロバイダと消費者との間で非中央集権式のネットワークを構成し、トークンの経済学による成長モメンタム(相場評価指標)を使って中央集中型のインフラと競い合うことができます。

✅ネットワーク内から参加者の役割に応じて補償を提供するDePINは、従来の中央集中型インフラよりも優れた拡張性やコスパ、セキュリティを特徴に競争可能です。

✅まだまだ未解決の課題は残っていますが、AIの導入と共に現在急速成長中のセクターとして注目に値する価値を持っています。

 

 

バックグラウンド

ブロックチェーンは、参加者の貢献に対するインセンティブを基に、爆発的な成長を見せるフライウィールにより、従来のIT産業の根本的概念を変えています。現在まで参加者の貢献は、非中央集権化のためのセキュリティ、または流動性の供給が主でしたが、今後展開されるブロックチェーンの世界は特定のリソースが提供され、参加者が補償を受けることができる非中央集権式のインフラが広がっていくことでしょう。これはソフトウェアに限った話ではありません。ある者はデータストアを提供して補償を受けたり、ある者はしばらくの間使わなくなっていた演算デバイスを提供することで補償を受けたり、更に私たちの日常生活において必要不可欠な物理的インフラが含まれる可能性は十分に考えられます。プロバイダーからの提供されるリソースが消費者側に届くまでに必要な物理的なインフラを、非中央集権化式で形成されるインフラのことを「DePIN」といいます。

 

私たちは生きていく中で、数多くのエネルギーやデータ、有無線ネットワークのような生活に欠かせないインフラを必然的に利用しており、またインフラの提供や管理は、その大半が中央局や民間企業によって行われている現状を認めざるを得ません。中央集中式のインフラストラには、独占によるコストの上昇や不透明性、拡張性の限界、そしてリソースの効率性低下が付きものです。中央集中式のインフラが絶対に悪い訳ではありませんが、長年の争いから勝利を勝ち取ったインフラの供給側による独占は、消費者にコスト上昇をもたらすことは言うまでもなく、更にこれにより公共利益のために規模を拡張していこうとするモチベーションそのものが失われてしまう原因にもなります。しかし今回私たちには、今まで単一の主体から供給されていたインフラではなく、参加者自らによる中央集権式のトークンインセンティブによって運営されるインフラが形成できる絶好のチャンスが到来したのです。

 

DePINは、非中央集権式の物理的インフラネットワークを意味します。聞き慣れないワードかも知れませんがブロックチェーン上では類似したセクターが前から存在していました。過去に似たような意味で使われていたEdgeFiやPoPw(Proof of Physical Work)、TIPN(Token Incentivized Physical Networks)といったワードに対する合意が必要だったことがあり、MessariによってDePINというワードが実際に使用され、このようなセクターを通称するワードとして合意が行われています。また、メサリ(Messari)は今後10年間、暗号資産投資において最も重要な領域の一つになるだろうと述べました。

 

 

成長モメンタム(相場評価指標)

DePINというワードが持つ意味合いに相応しいインフラが形成されるためには、(1)実際の物理的な環境に対する構築と維持管理(2)オフチェーンコンピューティング環境(3)ブロックチェーンアーキテクチャ(4)トークンインセンティブが必要です。

一般的な非中央集権式のネットワークと異なる点は、ソフトウェアのみで構成されたネットワークではなく、実際の物理的な環境と各項目が紐づきそれぞれが調和しているという面です。例えば、コンピューティング環境が必要な場合、物理的なデバイス(例:センサー)上から収集されたデータやそれに対する高性能演算可能ネットワーク、大容量データの保存に必要な物理的な環境を意味します。また、トークンインセンティブとは、物理的な環境の構築や維持のために必要なリソースを提供した側に、どのような方法で補償を与えることができるかについてのモデルを指します。

それぞれの要素が任意の目的用に合わせ満たされた時にDePINが成長できるベースが整います。DePINの構築に要るプロトコルとトークンインセンティブは、インフラ形成に必要な提供者を集めることができる土台を作ります。インフラ構築に必要なリソースを貢献できるプロバイダーは、初期インフラ構築のための貢献した度合いよって補償を受けることができるため、中央集中型インフラ構築との競争のための初期ブートストラッププロセスに牽引します。インフラの成長につれより多くの投資家が参加し、生態系の拡大が進み多くのユーザーを引き付けることができる状態に切り替わってくれれば、ポジティブな成長モメンタムを継続することが可能になります。このような流れによってDePINは、既存の中央集中型でありながら独占的なインフラとの直接競争が行えると同時に、既存のインフラには無かったメリットどんどん吸収してより良いネットワークに進化することができます。

 

 

DePINが優れた理由

DePINは、トークン報酬に基づいて参加者がリソースを提供し、これに対するインセンティブを受ける参加者が構成していくネットワークです。果たして既存の中央集中型の物理的インフラ構造とはどのような違いがあるのでしょうか?

 

1つ目は、オープン型インフラ構築の形成による高い拡張性です。政府や民間企業によって牽引されるインフラでは、競争で勝利を勝ち取った特定企業の独占によってコントロールされてしまうため、コスト効率性のために拡張に意図的に制限を設けたり、より広いインフラ提供のためのモチベーションが失われたりりします。しかし、DePINは、参加に制限を持たないリソース提供者たちで構成されるため、成長に連れより多くの参加者を集める効果があり、またこれによって大きく拡張する潜在力を秘めています。

 

2つ目は、特定の主体が独占下で価格を調整することなく、合理的価格で消費者にリソースを提供することが可能であるという点です。現在提供されている数多くのコンピューティングおよびデータストレージは、上位の一部企業によって提供されており、同時に高い採用率を持っています。消費者は価格決めにこれといった影響を与えることができず、中でも一部では消費した分に見合ったリソースの効率的な使用すら簡単ではないのが現状です。その反面、非中央集権型の環境から提供されるコンピューティングやストレージは、コミュニティによるガバナンスを活用して、参加可能な合理的な意思決定を行うことができ、コストの維持管理面で大規模な処理が求められる集中型方式に比べはるかに安価で提供されることをご体験いただけます。すなわち消費者は、既存のインフラより低い価格のインフラを利用することができます。

 

3つ目は、DePINを通じてリソースの提供者と消費者の相互利益が見込める共有経済を形成することができます。世界中で数多くの個人的な物理保存デバイスとネットワークを保有していますが、このような物理的インフラを常に稼動させるほどの状況は出ておらず、物理的インフラに比べてリソースの効率性がますます低くなっています。これは、アイドル状態の物理インフラ構築がますます増加していることを意味します。DePINは、これを効率的に転換させ、リソース提供者に金銭的利益をもたらすだけでなく、消費者により安価な方法のリソースを提供できるようになるので、皆にとって良い共有経済を実現することができます。そのためにはプロトコル提供者のトークン経済学モデルが信頼性がなければならず、今後DePINが実生活に導入されるために検証されなければならない主要部分です。

 

このような長所は、完全性と偽造·変造防止を保障するブロックチェーンを活用するため可能です。DePINを構成するためのプロトコル事業者、リソース提供者、消費者、インフラを構成するノードおよびデバイスは、すべてブロックチェーン内で識別される一つのID産業に拡張することができます。これはつまり、現在のDePINのビジョンが行われる過程で、既存のIT産業の多くの物理的インフラ産業が再編成される余地があることを意味します。例えば、エネルギーグリッドとIT産業の間には異なる機器識別idとデータで構成されていますが、DePINでは2つの異なるドメインが1つのネットワークで動作することができます。このように複数のドメインが統合されて派生する新しい市場は、リソース提供者を多様化させながら巨大なネットワークを形成するため、新しい消費市場が生まれる可能性があります。

 

 

注目すべきプロジェクト

DePINには様々な目的を持つプロトコルが存在し、物理的インフラを構成するためのセンサーおよび有無線ネットワーク、データストレージを提供するプロジェクトが主となっています。従来のクラウド(サーバー)環境に代わってクライアントと直接つながるネットワークは、それぞれの目的に合わせてトークンインセンティブを提供します。ここでは、現在脚光を浴びているいくつかの主要なプロジェクトをご紹介します。

 

Arweave: 

リーズナルな価格で非中央集権型のストレージを提供するArweaveは、IPFSとして知られるFilecoinと同じくらい知られているストレージネットワークで、プロバイダーにトークン報酬を通じてストレージの空間を維持します。非中央集権化されたの永久的なストレージネットワークであるArweaveに対する報酬トークンARは、リソースの提供者に保存されたデータの量とアクセス頻度に応じてインセンティブとして提供されます。

 

Livepeer: 

ライブピアは、動画のトランスコードアプリケーションです。仲介者が無くしゼロコストでスムーズ、高速の動画ストリーミングサービスを構築できるプロトコルです。LPTは、オーケストレーションレーターというリソース提供者(CPU、GPU、および帯域幅)の報酬として使われ、ブロードキャスターがネットワークに手数料を支払う場合に、一部獲得できる手段として使用されます。このような方法をビデオマイニングといいます。

 

Ocean: 

ライブピアは、動画のトランスコードアプリケーションです。仲介者が無くしゼロコストでスムーズ、高速の動画ストリーミングサービスを構築できるプロトコルです。LPTは、オーケストレーションレーターというリソース提供者(CPU、GPU、および帯域幅)の報酬として使われ、ブロードキャスターがネットワークに手数料を支払う場合に、一部獲得できる手段として使用されます。このような方法をビデオマイニングといいます。

 

Helium: 

非中央集権式の無線ネットワークプロジェクトとして広く知られているHeliumは、従来のIoTデバイスのインフラ構築に掛かるコストの上限をプロバイダーにトークンインセンティブを支給し、環境構築を促進させます。更に5GおよびWiFi市場の方にもその勢力を拡張しており、低電力でありながらも長距離の伝送が行えるネットワークテクノロジー、LoRaWANテクノロジーを使用して大規模IoT環境の構築を加速させています。しばらくの間、規制問題や市場上限制の制約により、遅い成長を見せましたが、現時点で最も成功した物理的インフラを構築したプロジェクトの一つだと言えます。

 

Render: 

分散型GPUレンダリングプラットフォームであるRenderネットワークは、AIの採用によって最大の恩恵を受けたプロジェクトの一つです。非中央集権式のネットワークを通じて高性能の演算量を基にレンダリングサービスを提供するRenderは、遊休(アイドル)GPUリソースの効率的な活用を強調し、効率的な双方向市場マッチングを通じてコンピューティング作業の効率性を向上させます。

 

 

まとめ

DePINは、ブロックチェーンテクノロジーの初期の頃から注目を集め議論されてきたテーマです。2022年、メサリによって概念的な用語として確立されたDePINの生態系は徐々にその規模が拡大しつつあります。特に最近になってAIの成長はDePIN成長の促進剤として使われ、今後もその需要が爆発的に増加するものと予想されています。しかし、依然としてDePINは、ソフトウェアだけで構成された産業ではないため、一般的なクリプト産業の成長速度に比べ成長速度が遅いのも事実です。また、既存の政府や民間企業によってモニタリングされ運営されていた環境から、非中央集権化への転換は新しい規制を必要とし、まだまだ不確定要素がたくさん残っています。それにもかかわらず、ブロックチェーンは新しいインターネットへの転換で多くの環境を変えるものと期待されている点からしても今後の動きに注目せざるを得ない理由は十分過ぎるほどあると思われます。

 

以 上

Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 
この記事は役に立ちましたか? 
知識を広めてください。
[D’CENT ウォレット]
D’CENTは、(株)IoTrustが製造・販売するブロックチェーン向けウォレットサービスです。 当社は、セキュリティチップ(SEおよびTEE)を基にする、エンベディット(組み込み)型ソリューションにおいて15年以上開発経験を持つスペシャリスト達によって制作されたウォレットです。さらに、銀行カードやUSIMカードで使われる高セキュリティテクノロジーの応用技術が含まれた、安心と信頼のウォレットです。 

D’CENTには、指紋情報を使用する「指紋認証型」、持ち運びに便利な「カート型」、同じくコンパクトサイズながらもオフライン状態でデータを安全に保存できる「ハードウェア型」まで、全部で3タイプの品揃えになっています。
免責事項:
このブログは教育目的のみを目的としています。ここに記載されている情報は、プロジェクトやブランド名を含め、情報提供を目的としており、金融、法律、税務アドバイスではありません。正確性に努めていますが、情報の誤りに対しては一切責任を負いません。 暗号資産(あんごうしさん)は本質的にリスクを伴います。徹底的に調査を行い、ご自身の目標とリスク許容度に見合った投資判断を行うために、ファイナンシャルアドバイザーへの相談を検討してください。 外部リンクが存在する場合がありますが、その内容や慣行に対しては一切責任を負いません。利用規約とプライバシーポリシーをご確認ください。
Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 

D'CENT Biometric - $119.00