Bitcoin Layer 2: Expanding Horizons with Stacks and RSK

ビットコインのレイヤー2:StacksとRSKの範囲拡大

革新的なデジタル通貨であるビットコインは、スケーラビリティの問題という大きな課題に直面しています。細い国道上にひしめき合う大量の車によって引き起こされる大渋滞を想像してみてください。ビットコイン向けブロックチェーンの取引量が処理限度を超え上限に達してしまうと、その代償として取引が承認されるまでの所要時間が長引き、コストも倍増するといった問題を引き起こします。

 

このタイミングにまるで合わせたかのようにStacksRSKのようなレイヤー2向けのソリューションが登場します。これらはビットコインネットワークの拡張プランであり、メインのブロックチェーン(レイヤー1)と共に動作し混雑を緩和させると同時に取引の効率性を向上させます。ディセント ウォレットのこれらの主要レイヤー2 ネットワークとの長年のパートナーシップにより、ウォレット上からのシームレスな統合が保証されます。これにより、ユーザーはビットコインネットワークでより高速な取引と高度な機能を活用することができます。

 

以下は、レイヤー2 ソリューションの理解することに参考になる内容をまとめています:

 

ビットコインレイヤー2とは?

例えば、ビットコイン向けのブロックチェーンを何かと忙しい都会だと考えてみてください。レイヤー2 ソリューションは、その都会の界隈に建設されるバイパスと同じ役割を担うものですので交通トラフィックの流れをスムーズにします。これらレイヤー2プロトコルにより、メインブロックチェーンの外側での取引を行うことでレイヤー1の負担を軽減させる上、よりスピーディーに安価な取引を可能にします。

 

レイヤー2が必要な理由とは?

ビットコインのコア設計は、セキュリティや脱中央化を優先視としますが、これは拡張も対する代償を払うことにもなります。メインブロックチェーンは、1秒ごとに制限された数の取引のみを処理することができるため、使用量が多い分、その間の処理スピードが落ち、当然手数料も増加します。レイヤー2のソリューションは、代替処理ルートを提供するのでメインのブロックチェーンの負荷を軽減することができるのです。

 

既存レイヤー2のプロトコルタイプ:

レイヤー2は、様々なプロトコルが固有の方法でビットコインの拡張を提供する多様性を備えています。

下記にいくつかの例を挙げます:

 

サイドチェーン:別途のブロックチェーンを生成してメインビットコインブロックチェーンと並行して実行します。取引はサイドチェーン上で行われる上、定期的にセキュリティの目的によりメインチェーンの方に「アンカー(係留)」されます。RSKはビットコイン用サイドチェーンソリューションの代表的な例になります。 

 

決済チャンネル:ユーザー2人の間に直決済チャンネルを設定し、メインブロックチェーン上で最終精算が行われる前にオフチェーンの方で複数の取引が行えるようにしてくれます。ライトニングネットワークは、ビットコイン系に広く採用された決済チャンネル向けソリューションです。

 

ステートチャネル:決済チャンネルと類似しており、特定参加者間のオフチェーン取引を可能にしてくれます。また、決済の他にも追加データの保存やアップデートが可能であるため、より応用プログラム向きとも言えます。

 

 

Stacks:次世代dApps向けセキュリティ・アンカリング(防犯係留効果)について

Stacksは、転送証明(PoX)合意メカニズムを中心とした精巧なレイヤー2拡張アプローチ方法を用いるテクノロジーの核となる要素を詳しく見ていきましょう:

 

送証明(PoX)によるセキュリティ設計:PoXは、マイナー(マイナー)が一定量のビットコイン(BTC)を保証金としてロック状態にするよう要求、正直な行動を行うよう促します。この「焼却された」BTCは、事実上流通上からは取り除かれ、ネットワークのセキュリティをさらに強化します。このメカニズムは、マイナーがネットワークを操作しようとすると保証金を失う危険が生じさせる仕組みであるため、悪意のある行動を抑制します。

 

ビットコインの統合による不変的防犯係留効果:Stacksチェーンの有効な取引は、定期的に「アンカーリング」というプロセスを経て行われます。このプロセスは、Stacks状態の復号化されたスナップショットを撮りビットコインの取引に含めることを指します。これはビットコインブロックチェーン自体にStacks取引の永久的で変造不可能な記録を生成することでビットコインのハイセキュリティ力の保障を維持することを意味します。

 

STX:Stacksという生態系は独自トークンであるSTXを中心に成り立っています。ユーザーはSTXを取引用の手数料として支払い、マイナーが取引を有効化させると共にネットワークの運営が維持できるようにインセンティブを提供します。また、ユーザーはSTXトークンをロックする(Stacking)方式でネットワーク運営に参加、その補償を受けることができます。

 

Stacksでもっとも目立つところ:

PoXとアンカーリングによるセキュリティの強化:PoXおよびアンカーリングシステムは、セキュリティを優先視し、個人情報または価値の高い取引を行う分散型のアプリケーション(dApp)に理想的です。このセキュリティは、従来の証明(PoW)マイニングに比べて2次的な複雑さを伴います。

 

安全なスマートコントラクトのための透明さ:Stacksは、ビットコインネットワークにおいてセキュリティと拡張性のために特別に設計されたオリジナルスマートコントラクト言語であるClarityを使用します。Clarityは、スマートコントラクトの配布を行う前に、情報の正確さやセキュリティ性をチェックするための数学的形態検証を行います。これにより、Stacksで構築されたdAppの脆弱性やバグなどの発生リスクを大幅に軽減することができます。

 

Stacksに関する考慮事項:

マイナーの学習曲線:PoXは、従来のビットコインマイニングで使用されているPoWに慣れているマイナーにとって新しい概念です。マイナーはこの新しいコンセンサスメカニズムに適応する必要があります。

 

Clarityの採用:開発者は、Stacks上でdAppを構築するためにClarity言語を学ぶ必要があります。Clarityはセキュリティ上の利点を提供しますが、開発者にとって追加の学習曲線をもたらします。

 

 

RSK:サイドチェーンの高速化技術

RSKはサイドチェーンアーキテクチャを活用しており、本質的にビットコインブロックチェーンと並行して動作する別のブロックチェーンを作り出します。このサイドチェーンアーキテクチャは、ビットコインのスケーリングにおいて明確なメリットを提供します:

 

サイドチェーンにより強化された取引のスピード:RSKチェーン上の取引は、メインビットコインブロックチェーンとは別に処理されます。このような多重プロセッシングにより、メイン ネットワークに比べて非常に高速且つコスパの良い取引が可能になります。

 

イーサリアムのバーチャルマシン(EVM)との互換性:RSKは、Rootstockバーチャルマシン(RVM)というテクノロジーを具現し、イーサリアムで使われるEVMとの互換性を持っています。この互換性によりデベロッパーは既存のイーサリアム·スマート·コントラクトを簡単にRSKにポーティングし、ビットコインのネットワーク上でdAppの開発がよりスピーディーに行え、更に既存のイーサリアム·スマート·コントラクトおよび開発ツールの膨大な生態系を活用することができるようになりました。

 

RBTCRSKの燃料:RSKには独自のネイティブトークンRBTCがあります。これは取引手数料およびネットワークのセキュリティのための主要な通貨として機能します。一方、Rootstock Infrastructure Framework(RIF)は、その上に構築された一連のサービスにアクセスするために別のトークン(RIFトークン)を使用します。

 

マージマイニングによるビットコインの強みからのセキュリティの継承:RSKは独自のチェーン上で動作する一方、マージマイニングと呼ばれる技術を通じてビットコインネットワークのセキュリティの恩恵を受けています。ビットコインのマイナーは、両方のチェーンで同時にブロックをマイニングすることができ、ビットコインのセキュリティを確保する膨大なコンピューティングパワーを活用してRSKのトランザクションも安全にします。これにより、ビットコインの確立されたセキュリティモデルを活用しています。

 

RSKの存在が輝く分野:

より高速で安価な取引:サイドチェーンのアーキテクチャにより、メインのビットコインチェーンと比べて取引速度が大幅に速く、コストも大幅に抑えられます。これにより、RSKは頻繁で低コストの取引を必要とするアプリケーションに最適です。

 

迅速なdAppの開発:EVMとの互換性により、開発者は既存のイーサリアムスマートコントラクトや開発ツールを活用することができ、ビットコインネットワーク上でのdApp作成を加速させます。これにより、新しいスマートコントラクトをゼロから構築するのに比べて、開発時間とコストを削減できます。

 

RSKに関する考慮事項:

マージマイニングにおける集中化の懸念:マージマイニングのセキュリティは、いくつかのマイニングプールがハッシュパワーのかなりの部分をコントロールする場合、集中化の懸念を引き起こします。これは、ブロックチェーン技術の基本原則であるネットワークの分散性を損なう可能性があります。

 

ビットコインとは異なるセキュリティモデル:RSKのセキュリティモデルはマージマイニングに依存しており、メインのビットコインネットワークが提供する強力なセキュリティとは異なる場合があります。マージマイニングはビットコインのセキュリティを活用していますが、直接的な1対1の継承ではありません。

 

 

これからの道:Stacks、RSK、および拡張性のあるビットコインの未来

StacksとRSKのいずれもビットコインのスケーリングとスマートコントラクトを可能にする革新的なソリューションを提供します。どちらを選ぶかは、あなたが望む内容とニーズによります:

 

最高のセキュリティと不変性を求めるdAppsの場合:Stacksを選んでください。PoX(Proof of Transfer)とアンカリングシステムはセキュリティを最優先し、機密データや高価値の取引の処理に最適です。さらに、Clarityを使用した形式的に検証されたスマートコントラクトは強力なセキュリティ層を提供します。

 

より迅速な開発とコスト効率の高い取引を求める場合:RSKを選んでください。EVM互換性により、開発者は既存のEthereumスマートコントラクトや開発ツールを活用してdAppの作成を加速できます。さらに、サイドチェーンアーキテクチャは、より迅速で安価な取引を可能にします。

 

最終的に、StacksとRSKは、どちらもより活気に満ちた多用途のビットコインエコシステムに貢献します。これらの技術が進化するにつれて、セキュリティ、スケーラビリティ、および相互運用性のさらなる進展が期待できます。これにより、ビットコインがより多くの取引を効率的に処理できる未来が開かれ、グローバルな金融ツールとしてのその潜在能力が最大限に引き出されるでしょう。

 

 

技術的側面を超えて:未来を見据える

StacksとRSKの技術的な側面は、それらの機能のより深い理解を提供します。しかし、レイヤー2空間での進行中の開発を認識することが重要です。新しい解決策が絶えず出現しており、StacksとRSKの両方が時間の経過とともに適応し改善する可能性があります。

 

この継続的なイノベーションは、成長するユーザーベースの需要に対応するためにビットコインがスケーリングできる未来を約束します。StacksやRSKのようなレイヤー2の解決策を活用することで、ビットコインは潜在的に、より多くの人々にとってアクセスしやすく、効率的で多目的な金融ツールになる可能性があります。

 

この文面は、StacksとRSKの技術的側面がそれぞれの機能性を深く理解する手助けとなります。しかし、レイヤー2の領域での進行中の開発を認識することが重要です。新しい解決策が絶えず出現し、StacksとRSKの両方が時間とともに適応し改善する可能性があります。この持続的なイノベーションは、成長するユーザーベースの需要に応えるビットコインの未来を約束しています。StacksやRSKなどのレイヤー2の解決策を活用することで、ビットコインはよりアクセスしやすく、効率的で多様な金融ツールになる可能性が広がります。

Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 
この記事は役に立ちましたか? 
知識を広めてください。
[D’CENT ウォレット]
D’CENTは、(株)IoTrustが製造・販売するブロックチェーン向けウォレットサービスです。 当社は、セキュリティチップ(SEおよびTEE)を基にする、エンベディット(組み込み)型ソリューションにおいて15年以上開発経験を持つスペシャリスト達によって制作されたウォレットです。さらに、銀行カードやUSIMカードで使われる高セキュリティテクノロジーの応用技術が含まれた、安心と信頼のウォレットです。 

D’CENTには、指紋情報を使用する「指紋認証型」、持ち運びに便利な「カート型」、同じくコンパクトサイズながらもオフライン状態でデータを安全に保存できる「ハードウェア型」まで、全部で3タイプの品揃えになっています。
免責事項:
このブログは教育目的のみを目的としています。ここに記載されている情報は、プロジェクトやブランド名を含め、情報提供を目的としており、金融、法律、税務アドバイスではありません。正確性に努めていますが、情報の誤りに対しては一切責任を負いません。 暗号資産(あんごうしさん)は本質的にリスクを伴います。徹底的に調査を行い、ご自身の目標とリスク許容度に見合った投資判断を行うために、ファイナンシャルアドバイザーへの相談を検討してください。 外部リンクが存在する場合がありますが、その内容や慣行に対しては一切責任を負いません。利用規約とプライバシーポリシーをご確認ください。
Need a Top-notch Security?

ZERO Hacking60+ BlockchainsSecure ElementBiometric SecurityEncrypted BluetoothEasy & ConvenientGet Yours Today!

指紋認証型ウォレット

"YOU are the Key" to Your Crypto Fortress! 

D'CENT Biometric - $119.00